煌めきシリーズアップしました。

「小樽家族」管理人(シギー)です。

小樽は、今週の初めは気温がプラスになり、もう春かしら?ルン♪なんて浮かれてしまいましたが。
それは妄想でした(笑)
寒さが戻り、雪灯のオブジェもカマクラみたいになって、除排泄した市民をあざ笑うかのように、ドサドサ雪が降っています。
あと一カ月位の我慢我慢・・

小樽大正硝子館さんの煌めきシリーズ、アップしました。
20120210
煌めきシリーズ、とても綺麗です。金箔を使っているので高級感があります。贈り物にも喜ばれると思います。
煌めきシリーズはこちらです♪

注意事項!!
こちらは耐熱用ではありません。冷たい飲み物用ですので、レンジ使用、熱燗不可、熱湯不可です。

シギーでした。

ブログ村に参加しています。 こちらもポチッとお願いいたします。
ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシク(シギー)
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

遊(ゆう)シリーズ、アップしました~♪

こんにちは。「小樽家族」管理人(シギー)です。

全国的な寒さや雪による事故等々が多く報道されていますが、皆様いかがお過ごしですか?事故やけがには本当に気を付けて下さいね。

ここ小樽でも、昨日は少し寒さが緩みましたが、またまた昨日大量の雪が降り、町内、小樽市、北海道開発局総出で除雪作業に明け暮れています。
この繰り返しはいつまで続くのかなぁと思っていましたが、気がつくともう一月が終わってしまいます。
月日の流れが速いです。。。

前回、2月3日から
『小樽雪あかりの路』が始まるとご案内しましたが、このイベントに欠かせないのがろうそくを灯すオブジェです。

小樽物産協会の会員企業で、『小樽家族』で手作り硝子製品を販売させていただいている
小樽大正硝子館
さんでは、キャンドルポットが売れまくっているそうです。
『小樽家族』でも来シーズンは早めに販売させていただくつもりでおります。

ということで、今回は、小樽大正硝子館さんの定番商品「遊(ゆう)」シリーズをアップしましたので、ご案内いたします。
手作り硝子製品は、同じものが二つ無いですが、この遊(ゆう)シリーズは、本当に独創的です。
作者のインスピレーションで作るので、形や模様が少しずつ違うそうです。その名の通り、遊び心を表現したシリーズです。
お店で並んでいるのを見ると、うっとりしてしまいます。
『小樽雪あかりの路』にいらしたら、是非お店を覗いてみてくださいね。

いらっしゃれない方は『小樽家族』の工芸品のページから、ご覧くださいませ。
遊(ゆう)シリーズはこちらです。

シギーでした。

ブログ村に参加しています。 こちらもポチッとお願いいたします。
ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシク(シギー)
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ

にほんブログ村

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

小樽大正硝子館の雪だるまです。

こんにちは。「小樽家族」管理人(しぎ)です。
昨日の小樽はとても暖かかったので、会員企業の「しかま」さんで商談ののち、小野さんと運河の方まで行ってみました。するとすると、大きな雪だるまさんたちを発見っっ。
なーんと、「小樽家族」で工芸品を出品して下さっている、「小樽大正硝子館」さんでした。
かまくらの中は私でも入れそうな大きさでしたが、危険なので入れませんでした。
こういう光景を見ると、冬も悪くないな~って思います。
動画が現れない場合は、こちらのURLからどうぞ

http://www.youtube.com/user/otarukazoku

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

「工芸品」掲載スタート

いらっしゃいませ。
 小樽物産協会の小野でございます。
 本日も、「小樽家族かわら版」においでいただき、誠にありがとうございます。

 気が付くともう11月の中旬です。今日の小樽は朝から冷たい雨が降っています。道内では、雪になるところもあるようです。
 もしかしたら明日は小樽の街の雪化粧が見られるかも・・
 きれいに積もったら、画像をお届けしますね。

 さて本日の本題ですが、私共のショッピングサイト『小樽家族』は、「のれん」が入り口になっております。
「売り場」は11か所ございますが、実際に商品が掲載されているのは、7か所という形でスタートしました。

 多少遅れましたが、本日、工芸のページも開店いたしました。
 「小鳥箸置きシリーズ」「雪の結晶箸置きシリーズ」「クローバー箸置きシリーズ」の掲載を手始めに「小樽大正硝子館」、のガラス製品が続々と登場する予定であります。
 職人さんが一つ一つ手作りした「硝子」の持つ「あたたかさ」や「やさしさ」を感じられる商品群でございますので、秋の夜長をお過ごしになる際にご使用いただければ、「北の街 小樽」の「ぬくもり」をお伝えできるものと信じております。

 ちなみに、この「小樽大正硝子館」の「小椋利勝」さん(釣りと焼酎が好きな会津若松出身の工場長です)とお話したときに、造り手側(ガラス製品の場合は職人さんですね)としては、これらのガラス製品を「飾っておいて」ほしいのか「使い倒して」ほしいのかをお聞きしてみたところ、「飾るのではなく、どんどん使ってほしい」というお返事をいただきました。
 私としては、「素晴らしい」と思った訳です。どんどん「デジタル」化される時代の中で、「人間本来の肌のぬくもり」を感じられる物を使っていただけるなら、少しは私たちもみなさんの「安らぎ」のお役に立つのではないかと思います。

 「小樽家族」限定の商品もいくつか製作していただきましたので、是非、、「工芸品」の「のれん」もクリックしてみてください。

 次は、どの「のれん」を開けられるかは、もちろん私共の手腕にかかってくる訳ですが、日々精進しますので、どうか「長い目」で見守ってください。
 
 ちょっと長くなってしまいまいた。ここまでお読みいただいて本当にありがとうございます。
 
 道民の皆様は、路面の凍結なども大いに考えられますので、お車の運転や、横断歩道の歩行などにお気を付けいただき、お怪我などなさらぬようお祈り申し上げます。

 それでは、また、「小樽家族かわら版」でお会いしましょう。


テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

プロフィール

小樽家族かわら版

Author:小樽家族かわら版
一般社団法人小樽物産協会が運営するネット市場『小樽家族』のスタッフのブログです。
ネット市場「小樽家族」ショップはこちら
小樽物産協会のネット市場「小樽家族」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード